URIHO BLOG.

業界情報

「株式会社けいしん平野屋」が事業停止

法人名 :株式会社けいしん平野屋

所在地 :大阪府大阪市中央区船場中央2-2-5

代表者名:平野公士

業種  :ハンドバッグ卸

資本金 :3600万円

種別  :事業停止

負債総額:約3億円

 

株式会社けいしん平野屋は11月4日、事業を停止し、事後処理を南昌宏弁護士に一任しました。負債総額は推定3億円となっています。

 

同社は1921年1月に平野吉英商店として創業した老舗企業で、ミセス層をメインターゲットとする婦人用ハンドバッグの卸売を手掛けていました。皮革製品で1万5000円未満、合皮製品で1万円未満の手ごろな価格帯を中心に扱い、大手量販店に販路を形成。一部は大手メーカーのOEM製造を手掛けるなどし、1996年6月期には売上高約15億円をあげていました。

 

しかし、低価格帯を主体としてきたこともあって収益性は低調に推移。競合が厳しい量販店向けのみでなく、専門店向けなど新規開拓に注力したものの改善せず、業績が落ち込んでいました。2016年6月期中には合理化のため、本社不動産を売却し本店を移転。売却益を得たものの、関連会社の吸収合併に伴う損失もあって赤字となりました。

 

最近はコロナ禍で取引先の商況が落ち込むなか、2021年6月期の売上高は約3億円にまで縮小。ここにきて資金繰りも限界に達し、今回の措置となりました。

 

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。
だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。
「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。
そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。
URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。


さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。
この機会に試してみてはいかがでしょうか。

※本記事は株式会社東京商工リサーチが発行する「TSR情報」掲載の「倒産速報」を参照し、作成しております。

関連記事

注目の記事

工事代金未払いの場合の回収方法…
【初心者必見】債権回収における…
売掛金への担保設定で「貸倒れ」…
債権回収業者(サービサー)とは…