URIHO BLOG.

業界情報

「株式会社TMD(旧:宝田無線機)」が特別清算開始決定 

法人名 :株式会社TMD(旧:宝田無線機)

所在地 :東京都千代田区丸の内1-7-12

代表者名:宝田篤

業種  :不動産賃貸業

資本金 :6000万円

種別  :特別清算開始決定

負債総額:73億9116万円

 

株式会社TMDは、6月5日東京地裁より特別清算開始決定を受けました。負債総額は73億9116万円となっています。

 

同社は1961年6月東京家庭電器株式会社の商号で設立。1969年10月、宝田無線機株式会社へ変更しました。外国人観光客向けの家電販売や鉄くず・コークスの輸出、テナントビルの賃貸などを展開し、1973年にはJR秋葉原駅前に本社ビルを建設するとともに、外国人向けの免税店「タカラダ」を開設。1980年代には30億円台の年間売上高をあげていましたが、バブル崩壊後は減収基調で推移し、1998年5月以降は年間売上高が20億円を割り込んでいました。

 

こうしたなか、2015年5月期には中国人訪日客向けに金加工品の免税販売を開始したことで業績が急伸し、同期の売上高は37億644万円に回復。2017年5月期には売上高が1092億7448万円まで拡大しました。

 

しかし、2017年8月に東京国税局より、訪日外国人向けの免税制度を悪用し、仕入先との間で金加工品を循環取引し、訪日外国人客に対する販売の実態がないにもかかわらず約70億円の消費税を不正に還付申告したとして、重加算税を含めて約100億円の追徴課税を受けました。

 

以降は対外信用が失墜し、本社不動産も差押を受けるなど業況が急速に悪化。家電卸売、金加工など免税販売からも事実上の撤退を余儀なくされ、2018年5月期の売上高は7億1530万円まで急減しました。その後も業容の縮小が続き、近年は不動産賃貸業や通販サイト向けのスポット販売にシフトしていました。このような中、社有不動産の売却を余儀なくされ、2023年2月27日には現商号に変更し同日、株主総会の決議により解散し、今回の措置となりました。

 

取引先の倒産から身を守るためには

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。
だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。
「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。
そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。


URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。


さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。
この機会に試してみてはいかがでしょうか。

※本記事は株式会社東京商工リサーチが発行する「TSR情報」掲載の「倒産速報」を参照し、作成しております。

関連記事

注目の記事

債権回収業者(サービサー)とは…
工事代金未払いは契約書なしでも…
【初心者必見】債権回収における…
売掛金への担保設定で「貸倒れ」…