URIHO BLOG.

法人名 : 有限会社QBM

所在地 :福岡県福岡市中央区高砂1-20-10

代表者名:佐藤功一

業種  :野菜卸売

資本金 :750万円

種別  :破産開始決定

負債総額:約16億円

 

有限会社QBMは11月7日福岡地裁に破産を申請し12月21日、破産開始決定を受けました。負債総額は約16億円となっています。

 

同社は2004年11月設立の野菜卸売会社。農家から直接買い付けた葉物野菜を中心に販売し、2019年4月期までは年間売上高数億円で推移していました。その後、大手卸会社との取引が始まり、スーパーチェーンやドラッグストアに販路を形成したことで売上が急激に増加し、2020年4月期の売上高は約26億円、2022年4月期には100億円を突破していました。一方で利益は数百万円にとどまるなど低収益が続き財産面の強化は遅れていました。

 

こうしたなか、2022年2月頃には株式会社ファスへ主要事業を移管したほか、主力販売先との取引が解消となり売上高が急減。資金繰りに行き詰り、事業を停止しました。

 

また、工場内での商品仕分けや梱包作業などを手掛けていた関連のヒューマンエコシステム有限責任事業組合も同時に破産開始決定を受けました。

 

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。
だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。
「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。
そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。
URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。


さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。
この機会に試してみてはいかがでしょうか。

※本記事は株式会社東京商工リサーチが発行する「TSR情報」掲載の「倒産速報」を参照し、作成しております。

関連記事

注目の記事

工事代金未払いの場合の回収方法…
債権回収業者(サービサー)とは…
【初心者必見】債権回収における…
売掛金への担保設定で「貸倒れ」…