URIHO BLOG.

業界情報

「有限会社竹内美術店」が破産開始決定

法人名 :有限会社竹内美術店

所在地 :京都府京都市中京区河原町通御池東入南側下丸屋町412-3

代表者名:竹内丘

業種  :美術品販売

資本金 :300万円

種別  :破産開始決定

負債総額:6億1866万円

 

有限会社竹内美術店は1月10日、京都地裁より破産開始決定を受けました。負債は債権者19名に対して6億1866万円となっています。

 

竹内美術店は、国内外における絵画など様々な美術品の販売、買取、コンサルティング、デパートでの展示企画、作品供給を主業務としていました。現代美術の取り扱いを得意とし、京都国立博物館のミュージアムパートナーを努めるなど実績を重ね、一般収集家のほか同業者、百貨店など幅広い得意先を確保していました。

 

しかし、リーマン・ショック発生以降は業況が悪化。村松淳氏や村上隆氏、奈良美智氏など新進気鋭の作家の作品を多数扱っていましたが、資金繰りが限界に達したため、今回の措置となりました。

 

取引先の倒産から身を守るためには

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。
だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。
「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。
そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。

URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。


さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。
この機会に試してみてはいかがでしょうか。

※本記事は株式会社東京商工リサーチが発行する「TSR情報」掲載の「倒産速報」を参照し、作成しております。

関連記事

注目の記事

売掛金への担保設定で「貸倒れ」…
債権回収業者(サービサー)とは…
工事代金未払いは契約書なしでも…
【初心者必見】債権回収における…