URIHO BLOG.

業界情報

「協同組合長門コミュニティータウン」が破産開始決定

法人名 :協同組合長門コミュニティータウン

所在地 :山口県長門市東深川803-8

代表理事:溝口洋隆

業種  :施設管理・協同組合事業ほか

総資総額:1億3813万円

種別  :破産開始決定

負債総額:約27億3000万円

協同組合長門コミュニティータウンと有限会社ウエーブは3月20日、山口地裁萩支部より破産開始決定を受けました。負債総額は長門コミュニティータウンが債権者57名に対して約27億3000万円、ウエーブが債権者3名に対して約16億2200万円で、2社合計約43億5200万円となっています。

 

長門コミュニティータウンは、1991年10月に開業したJR長門市駅前の大型商業施設「ウエーブ」の運営、施設管理などを手掛けていました。開設当初はスーパーや家電量販店、アミューズメント施設、ファッションなど各種専門施設約40店舗が入居していました。1997年3月期には売上高6億406万円を計上しましたが、その後は過疎化による人口減少や量販店や競合のスーパーなどの進出による出店などで集客が伸び悩み、売上不振が続いていました。

 

近年は建物の老朽化が進んでいましたが、これまでの業績不振によって新たな資金調達は容易ではなく、施設の大規模改修およびリニューアルは実施できずにいました。こうしたなか、2019年7月には核テナントが店舗の閉鎖を決定。取り巻く環境がさらに悪化したことから、同年12月末で施設を閉鎖していました。

 

ウエーブは、スーパーの運営管理等を手掛けていましたが、長門コミュニティータウンに連鎖しました。

取引先の倒産から身を守るためには

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。
だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。
「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。
そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。

URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。


さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。
この機会に試してみてはいかがでしょうか。

※本記事は株式会社東京商工リサーチが発行する「TSR情報」掲載の「倒産速報」を参照し、作成しております。

関連記事

注目の記事

売掛金への担保設定で「貸倒れ」…
債権回収業者(サービサー)とは…
工事代金未払いは契約書なしでも…
【初心者必見】債権回収における…