URIHO BLOG.

法人名 :エスケー管財株式会社(旧:さくら食品株式会社)

所在地 :北海道小樽市1-21-15

代表者名:稲田文雄

業種  :アイスクリーム製造販売

資本金 :1000万円

種別  :特別清算開始決定

負債総額:約9億7000万円

 

エスケー管財株式会社は2022年10月3日札幌地裁小樽支部より特別清算開始決定を受けました。負債総額は約9億7000万円となっています。

 

同社は1961年設立のアイスクリーム製造業者。雪印乳業の協力工場としてOEM生産を行い1991年3月期から6期連続で売上高6億円超を計上していました。

 

しかし、1999年3月期に雪印乳業がアイスクリーム部門を大幅に縮小したことで、売り上げが減少。打開策として大手コンビニエンスストアとの取引で業績回復を試みましたが、同社がアイスクリーム製造をグループ企業で内製化することになり、2005年3月期には売上高が9390万円にまで減少しました。

 

以降は本州の飲食チェーン店や大手食料品商社に販路を求め、年間売上高は5億円台まで回復。

それにも関わらず、2018年3月期に欠品や原材料ロスが増加し、大幅赤字から債務超過に陥りました。2018年夏には商品に大腸菌が混入し、回収を余儀なくされる事態となり、2019年3月期も多額の損失を出しました。

 

そんな中、2021年1月には生活協同組合コープさっぽろとの業務提携に合意。以降は同社のプライベートブランドの製造を受託すると同時に経営支援、出向者を受け入れるなどし、事業拡大を目指しました。

 

ところが、2021年3月期は2億8626万円の売上高に対し9412万円の赤字となり、債務超過額は4億6780万円に増加しました。

 

こうした状況の中、財務改善には時間を要することから、コープさっぽろが新:さくら食品株式会社を設立し、事業を移管。当社は現商号に変更し今年6月には解散を決めていました。

 

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。
だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。
「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。
そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。
URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。

 

 
さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。
この機会に試してみてはいかがでしょうか。

※本記事は株式会社東京商工リサーチが発行する「TSR情報」掲載の「倒産速報」を参照し、作成しております。

関連記事

注目の記事

工事代金未払いの場合の回収方法…
債権回収業者(サービサー)とは…
【初心者必見】債権回収における…
売掛金への担保設定で「貸倒れ」…