URIHO BLOG.

法人名 :HS管財株式会社(旧:鳳清印刷株式会社)

所在地 :大阪府門真市柳田町3-2

代表清算人:三ツ井譲司

業種  :印刷業

資本金 :1280万円

種別  :特別清算開始決定

負債総額:約10億円

 

HS管財株式会社(旧:鳳清印刷株式会社)は1月6日、大阪地裁より特別清算開始決定を受けました。負債総額は約10億円となっています。

 

同社は1956年鳳清印刷株式会社の商号で設立。大手電機メーカーを主力取引先とし、白物家電をメインとした取扱説明書やマニュアル、技術資料などの商業印刷を行っていました。企画から原稿制作、編集、海外向け説明書の翻訳、印刷、製本まで一貫して行う体制を構築していたほか、社員が現地に出向し、製品開発・企画段階から参加することで受注の取り込みを図り、ピーク時の1992年3月期には17億2500万円の売上高を計上しました。

 

しかし、取扱説明書の簡素化が進みページ数の減少が続いたほか、デジタル化の影響なども受け、その後の売上は減少が続いていました。さらに近年は「新型コロナウイルス」感染拡大の影響を受け、2022年3月期の売上高は約6億8000万円にとどまりました。この間、たびたび赤字を計上し債務超過に陥るなど、厳しい状況での運営を強いられていました。

 

このため、2022年3月22日付けで会社分割を行い、新たに鳳清印刷株式会社を設立。事業を移管すると同時に当社は現商号に変更。同年8月31日、株主総会の決議により解散し、今回の措置となりました。

 

東京商工リサーチの調査によりますと、2022年の「新型コロナウイルス関連倒産」(負債額1000万円以上)は前年比36.7%増の2290件となりました。また、業種別に見ると製造業は302件と全体で3番目に多くなっています。これは今回のHS管財株式会社(旧:鳳清印刷株式会社)の解散にも大きく影響していると考えられます。

 

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。
だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。
「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。
そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。
URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。


さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。
この機会に試してみてはいかがでしょうか。

※本記事は株式会社東京商工リサーチが発行する「TSR情報」掲載の「倒産速報」を参照し、作成しております。

関連記事

注目の記事

債権回収業者(サービサー)とは…
【初心者必見】債権回収における…
売掛金への担保設定で「貸倒れ」…
工事代金未払いの場合の回収方法…