URIHO BLOG.

業界情報

「株式会社マキノ出版」が民事再生法申請

法人名 :株式会社マキノ出版

所在地 :東京都中央区日本橋茅場町3-4-2

代表者名:室橋一彦

業種  :出版業

資本金 :5000万円

種別  :民事再生法申請

負債総額:約15億円

 

株式会社マキノ出版は3月2日、東京地裁に民事再生法の適用を申請し同日、監督命令を受けました。負債総額は約15億円となっています。

 

同社は1974年設立のマイヘルス社を前身として、1997年に設立。1974年創刊のシニア向け健康雑誌のパイオニアである「壮快」、健康情報全般を扱う「安心」、女性向けの美容や健康に関する情報誌「ゆほびか」等の雑誌をはじめ、家電や文房具などの製品情報を取り扱う「特選街」、ムック本、書籍等を年間90点ほど出版していたほか広告業も手掛けていました。シニア層をターゲットとした事業展開で、健康ブームも背景に1996年2月期には売上高約38億5400万円をあげていました。

 

しかし、以降はインターネットの普及による紙媒体の需要減少や購読者の高齢化、出版市況の低迷により減収で推移していたうえ、コロナ禍以降はさらに業績が悪化。2022年2月期は売上高が約15億円にまで落ち込み、採算悪化による赤字決算も続きました。この間、コロナ関連融資の利用などにより資金繰りを維持する一方で、「特選街」の休刊によるWEBサービスへの注力や、文京区の自社ビルから日本橋への本社移転、人員削減などを進めていました。

 

こうしたなか、2022年以降は紙価格の上昇に伴うコストアップなどが重なったことで資金繰りが悪化したため、自力での再建を断念し今回の措置となりました。

 

取引先の倒産から身を守るためには

取引先の倒産による未入金の発生は、経営者にとって死活問題です。
だからといって、取引先を選ぶ余裕のある企業は少ないのではないでしょうか。
「売上を上げたい」、でも「取引先の倒産は怖い」、「信用できる会社とだけ取引したい」。
そんなジレンマを解決するのが売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」です。


URIHOは、取引代金の未入金時に代わりにお支払いする売掛保証サービスで、未入金リスクの解消だけでなく、売上拡大や与信管理業務効率化も後押しします。
 
さらに、URIHOはWeb完結にすることで営業コストを下げて、今までにない低価格でサービスを提供しています。会員登録~保証の申し込みなど、すべての手続きがWebで完結するのでスピーディに保証を利用することが可能です。
この機会に試してみてはいかがでしょうか。

※本記事は株式会社東京商工リサーチが発行する「TSR情報」掲載の「倒産速報」を参照し、作成しております。

関連記事

注目の記事

工事代金未払いは契約書なしでも…
【初心者必見】債権回収における…
売掛金への担保設定で「貸倒れ」…
債権回収業者(サービサー)とは…