URIHO BLOG.

リスク管理

信用リスクとは? 信用リスクが高い・低いとはどのような状態かもあわせて紹介

信用リスク

ビジネスにおけるリスク管理は自社を守るためにも重要です。一口にリスク管理といっても社内の細かなリスクから投資などのリスク、外部が関係するリスクなど幅広く存在します。


この記事では、外部が関係するリスクの一つ、『信用リスク』について取り上げます。


  • 信用リスクとはどのような意味か
  • 信用リスクが高い、低いで何が違うのか
  • 信用調査と信用リスクの違い

企業の安定性、将来性が不透明な時代だからこそ、信用リスクは自社に大きな影響を及ぼします。信用リスクについて学び、信用調査が必要かどうか検討してみると良いでしょう。

セミナー情報

信用リスクとは?

リスクとは、日本語に訳すと『危険性』『危険度』といった意味で用いられます。信用リスクは、信用できるかどうか、信用できない危険性のことを指します。具体的には、取引先が財政難、経営不振、倒産などを理由に、債権を支払えない状況になる可能性のことです。


その結果、売上債権が回収できなくなり、損失が出てしまうことや金銭だけではなく、商品(材料や部品)が手に入らなくなってしまうリスクも含まれます。

信用リスクの高い・低いとは

信用リスクは、高い・低いという言葉で表現されます。


信用リスクが高い
心配が多い、安全性が低い状態。

信用リスクが低い
心配があまりない、安全性が高い状態。


つまり、自社にとって取引先の信用リスクが高いということは、債務の履行ができなくなる可能性があると考えて、何らかの対策を事前にとっておく必要があります。逆に信用リスクが低い取引先の場合は債権回収に問題がないので、心配する必要はありません


しかし、信用リスクは社会情勢や取引先の取引先などの経営状況などにも影響を受けるため、信用リスクが低い取引先でもいつ、経営不振や財政難になるかは予測できません。常に、取引先に対しての調査や倒産対策が必要といえるでしょう。

セミナー情報

信用調査と信用リスクの評価の違い

信用調査と信用リスクの評価の大きな違いは目的と方法です。信用調査は、個人や企業の信用状況を調べることに焦点が当てられており、企業の過去の財務履歴、貸し付け履歴、支払い履歴、現在の財務状況などを調査します。クレジットスコアの計算や公的記録を元に、調査対象の企業が債務返済の能力があるかどうか検討・判断します。


一方、信用リスクの評価はリスクに焦点が当てられており、貸付や投資の際に相手方が将来的に債務を返済できないリスクをどれだけ負っているかを評価します。


信用調査のように対象企業の財務状況や公的記録を元にするだけではなく、市場動向や経済状況、業界リスク、特定のリスク要因など、より広範な要因を考慮し、最終的にリスクの高低を判断します。


信用リスクは信用調査に比べ、検討材料が広いため、より複雑な分析が必要となります。


関連記事

信用調査とは 信用調査の4つの方法をそれぞれ解説 | URIHO BLOG

法人の登記簿謄本とは? 取引における企業調査への活用方法もあわせて解説 | URIHO BLOG

破綻とは 倒産・破産の違いと経営破綻をするか見極める方法の解説 | URIHO BLOG

売掛保証とは

売掛保証は、取引先が経営悪化や財政難により支払いが困難になった場合、未回収の売掛債権を保証するサービスです。信用リスクが高い取引先との取引において、売掛金の回収が不確実になるリスクがあります。このような状況に対処するため、売掛保証サービスを利用することで、リスクを回避することが可能です。売掛金が入金されない場合、それは自社の経営にも影響を及ぼすため、リスク回避の措置は極めて重要です。


売掛保証と同様のリスク回避手段としてファクタリングがあります。ファクタリングは資金調達の方法で、売掛債権をファクタリング会社に売却し、入金を早めることができます。これにより、予定日よりも前に現金化することが可能となります。


売掛保証の利点は、売掛金の未回収リスクを軽減できるだけでなく、与信管理も実施できることです。売掛保証会社は契約前に取引先の与信審査を行い、これにより取引先に審査をしたことを知られずに契約を進めることが可能です。一方、与信審査の結果によっては、信用度が低い取引先との契約が困難になることもあります。


関連記事

売掛保証とはなにか ファクタリングとの違いと実際の利用事例をご紹介 | URIHO BLOG

ファクタリングとはなにか ファクタリングの種類と保証ファクタリングの解説 | URIHO BLOG

まとめ

新規の取引先と契約を結ぼうとする際には、信用リスクを調べておく必要があります。信用リスクが高い企業だった場合は売掛債権が支払われない可能性があるためです。契約自体を結ばないという選択肢もありますし、リスク対策をしっかり行って契約するという方法もあります。現状の取引先でさえ、常に経営状況が安定しているわけではないため、定期的に信用リスクを調べることや、リスク対策をするのが得策でしょう。


売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」は、取引先の倒産や未入金時に取引代金を代わりにお支払いするサービスです。事前に取引先に保証をかけておくことで、与信管理をしなくても安心して取引を行うことができます。また、督促業務に時間や労力を割く必要がなくなり、営業活動に集中することが可能です。


また、URIHOはすべての手続きがWeb上で完結し、スピーディに利用開始することが可能です。売掛金の回収にご不安がある場合は一度導入をご検討ください。

セミナー情報

関連記事

注目の記事

債権回収業者(サービサー)とは…
工事代金未払いは契約書なしでも…
【初心者必見】債権回収における…
売掛金への担保設定で「貸倒れ」…