URIHO BLOG.

債権回収

与信リスクとその対応方法の解説 連鎖倒産を防ぐには

与信リスク

与信リスクは会社経営において資金繰りに大きく影響するリスクの一つです。このリスクを適切に管理せずに放置すると、思わぬところで損失が発生するだけでなく、売上が増加している状況でさえ、キャッシュフローが悪化し「黒字倒産」の危険に直面することも考えられます。

この記事では、与信や与信リスクとはなにか、また与信管理の内容と具体的な手法について解説します。記事を通じて、与信リスクの本質と、その効果的な管理方法を理解することで、ビジネスの持続性と安定性を高めるためのステップを学びましょう。

セミナー情報

与信とは?

与信とは、金融資源の貸付やクレジットの発行などを行う際、融資や融資枠に対する信用を設定する行為を指します。一般的に、金銭を貸し出すときには現金取引がその場で行われますが、企業間の取引では、製品やサービスの提供とその対価の支払いの間に時間差が生じます。特に、証券会社による信用取引や銀行の融資では、商品やサービスを先に提供し、その後で代金を受け取ることが通常です。

この時点でまだ回収されていない金額を「売掛金」といいます。この売掛金に基づく取引が可能なのは、相手企業に対する信用が存在するからです。この信用をどの程度与えるべきか、また、どの程度の金額を融資するべきかという評価を行うプロセスが与信です。


関連記事

与信とはなにか 与信の重要性と与信管理について解説 | URIHO BLOG

与信リスクとは?

与信リスクとは、与信取引の過程で生じるリスクのことです。これは、取引先が経済的な困難に陥り、売掛金が回収できなくなる場合や、意図的に支払わない場合などが考えられます。与信リスクが顕在化すると、企業のキャッシュフローに悪影響を与え、貸倒れ、資金繰りの悪化、連鎖倒産などの事態を引き起こす可能性があります。

貸倒れと貸倒損失

貸倒れは、売掛金や貸付金などの回収が不可能になる状況を指し、企業は予定していた収入を得られず、直接的な損失を被ります。貸倒損失は、貸倒れによって発生した具体的な経済的損失のことで、貸し付けた金額全額または一部を回収できない場合に計上されます。これらを防ぐためには、与信審査を厳格に行い、貸付条件を明確に設定することが重要です。


関連記事

貸倒れと貸倒れ損失とは 対象となる債権もあわせて解説 | URIHO BLOG

連鎖倒産

連鎖倒産とは、ある企業の倒産が引き金となり、取引先や子会社などが続けて倒産する現象を指します。特に取引の依存度が高い中小企業や、大企業が倒産した場合に発生するリスクです。連鎖倒産は、売掛金の回収不能、取引先の急な喪失などによる資金繰りの悪化が主な原因です。

関連記事

連鎖倒産とは? 連鎖倒産の起こる原因と回避方法の解説 | URIHO BLOG

資金繰りの悪化

資金繰りは、収入と支出のバランスを調整し、資金を安定的に確保する活動のことです。

資金繰りが悪化すると、企業は日々の運転資金の確保に苦労し、最悪の場合、事業の継続が困難になる可能性があります。掛取引が多い企業では、売掛金を回収するまでの間、手元の運転資金が枯渇するリスクがあり、このリスクを管理するためには資金の収支を適切に管理し、調整する必要があります。

セミナー情報

与信管理とは?与信管理の方法もあわせて紹介

与信管理とは、売掛金が回収不能となるリスクを防ぐために、取引先の取引額や融資額に限度を設けるなど調査や審査を実施することによって管理することです。

与信管理を行うことで、前述した与信リスクを未然に防ぐことや、実際に売掛金の未回収などが起きてしまってもそのリスクを最小限にとどめることができます。

以下では与信管理で行うべきことを解説いたします。

信用調査

信用調査とは、与信管理をするうえで必要となるデータを収集し、売掛金回収不能リスクがどのくらいあるかを把握することを指します。これから新規に取引しようという企業はもちろん、現在取引中の企業に対しても信用状況に変わりがないかなど定期的な調査が必要です。


関連記事:

信用調査とは 信用調査の4つの方法をそれぞれ解説 | URIHO BLOG

与信枠の設定

掛取引をするうえでの上限金額を決めます。与信枠を決めることで、売掛金の回収不能が発生した際のリスクが会社経営に大きな影響を与えないよう最小限にとどめることができます。この与信枠の金額は、信用調査の結果によって取引先ごとに売掛金回収不能リスクの高低を判定し、リスクが低い場合は与信限度額を高く、リスクが高い場合は与信限度額を低くするといった形で設定します。


関連記事:

与信枠とは 設定をするメリットとポイントの解説 | URIHO BLOG

売掛保証の利用

与信管理とは少し異なりますが、売掛保証を利用することで与信リスクを軽減することができます。

売掛保証とは掛取引による売掛債権が取引先(売掛先)の倒産によって回収不能に陥った場合に保証会社が保証金を支払うことで売掛元が被る貸倒損失を補填できるサービスのことです。

売掛保証を導入することで新規や大口取引先の支払いをそもそも心配する必要がなくなり積極的に取引ができます。

また、売掛保証は基本的に取引先が倒産や民事再生手続に至った場合に保証金が支払われますが、保証会社によっては入金遅延が発生した段階で保証するケースもあります。

注意点としては取引先の審査を保証会社が行うため、審査を通して回収不能リスクがあまりにも高い取引先だと保証額引き下げられることや保証対象外となる場合があることです。


関連記事:

売掛保証となにか ファクタリングとの違いと実際の利用事例をご紹介 | URIHO BLOG

まとめ

与信リスクとは売掛金の回収不能とそれに関連するリスクのことをいいます。与信リスクをゼロにすることはできませんが、与信管理を適切に行うことでリスクを低減させることは可能です。

与信管理の具体的な方法としては、信用調査や与信限度額の設定などがあります。これらは新しく取引を始める際に一度行えばよいというものではありません。定期的に信用調査を行い、これに基づいて与信限度額を、見直す必要があります。

売掛保証サービスを利用すれば与信管理に手間をかける必要がなくなり、与信リスクを大幅に軽減させることができます。

「URIHO(ウリホ)」は、取引先の倒産や未入金時に取引代金を代わりにお支払いするサービスです。事前に取引先に保証をかけておくことで、安心して取引を行うことができます。また、督促業務に時間や労力を割く必要がなくなり、営業活動に集中することが可能です。

また、URIHOはすべての手続きがWeb上で完結し、スピーディに利用開始することが可能です。売掛金の回収にご不安がある場合は一度導入をご検討ください。

セミナー情報

関連記事

注目の記事

【初心者必見】債権回収における…
売掛金への担保設定で「貸倒れ」…
債権回収業者(サービサー)とは…
工事代金未払いは契約書なしでも…