URIHO BLOG.

リスク管理

与信枠とは?設定をするメリットとポイントの解説

与信枠

与信リスクをコントロールするうえで、与信枠の設定は大変重要です。与信限度額を設定することで、与信リスクの低下と積極的な事業展開を両立させることが可能です。


この記事では、与信枠や与信限度額とは何か、また与信枠(与信限度枠)の設定方法について解説します。記事をとおして与信枠について理解を深め、与信限度額の設定と管理について理解を深めることができるでしょう。


マンガでわかる売掛保証

与信とは?

与信とは、金融資源の貸付やクレジットの発行などを行う際、融資や融資枠に対する信用を設定する行為を指します。一般的に、金銭を貸し出すときには現金取引がその場で行われますが、企業間の取引では、製品やサービスの提供とその対価の支払いの間に時間差が生じます。特に、証券会社による信用取引や銀行の融資では、商品やサービスを先に提供し、その後で代金を受け取ることが通常です。


この時点でまだ回収されていない金額を「売掛金」といいます。この売掛金に基づく取引が可能なのは、相手企業に対する信用が存在するからです。この信用をどの程度与えるべきか、また、どの程度の金額を融資するべきかという評価を行うプロセスが与信です。


関連記事:

与信とはなにか 与信の重要性と与信管理について解説 | URIHO BLOG

新規取引先と取引をするうえでのチェックポイントと考えられるリスクとは信用調査の大切さの解説 | URIHO BLOG

与信枠・与信限度額とはなにか

与信枠または与信限度額とは、取引先ごとに定める信用取引の最大許容額を指します。この与信枠は特定の取引先との単一の取引における限度額を意味するものではありません。


与信枠を設定することで、企業は取引先との取引上限を明示的に決めることができます。この上限を超える取引は認められないため、取引先が支払いに問題を起こしても、損失リスクは与信枠内にとどまります。

特に中小企業では、厳しい経営状況下のもとで未払いが発生すると、それが会社の存続を脅かすリスクとなりえます。そういった背景から、新規の取引先との関係構築に慎重になることもあるでしょう。しかし、適切に与信枠を設定しリスクをコントロールすれば、未払いによる損失リスクを最小限にしながらも新規の取引先との関係を築いていくことが可能です。


今日においては、与信取引は多くの企業で一般的に行われており、リスクを回避するために、多くの企業が事前に与信枠を設定しています。


関連記事:

与信リスクとその対応方法の解説 連鎖倒産を防ぐには | URIHO BLOG

貸倒れと貸倒れ損失とは 対象となる債権もあわせて解説 | URIHO BLOG

売掛金の回収と回収が滞った場合の対応方法について解説 | URIHO BLOG

売掛保証となにか ファクタリングとの違いと実際の利用事例をご紹介 | URIHO BLOG

マンガでわかる売掛保証

与信枠の設定の仕方

与信枠を設定することは、企業の信用リスクを管理し、安全に取引を進めるうえで極めて重要です。正確な情報収集と評価に基づいて、与信枠を適切に設定することで、取引先との関係を健全に維持しつつ、自社の財務リスクを最小限に抑えることができます。以下では与信枠を設定するプロセスを解説いたします。


対象企業の情報を収集する


与信枠の設定を行ううえで最初に取り組むべきは、対象企業の情報収集です。情報源としては財務諸表、過去の取引履歴、業界評価、信用情報機関の評価などが考えられます。これらの情報は、企業の信用状況や財務健全性を判断するうえで重要です。情報収集が困難な場合、特に非上場企業に関しては、専門業者に調査を依頼するのも一つの方法です。


関連記事:

信用調査とは 信用調査の4つの方法をそれぞれ解説 | URIHO BLOG

調査会社とは 調査会社の費用と信用調査について解説 | URIHO BLOG

収集した情報をもとに企業ごとに段階分けをする

収集した情報をもとに、企業を信用度で段階分けをします。例えば信用度の高さによってAランクBランクCランクといったカテゴリを設けることで、リスク管理が効果的に行えるようになります。新規取引先に関しては、最初は低めのランクを与え、関係が深まるにつれて再評価すると良いでしょう。


この段階分けの基準を明確にするため、社内ルールを持つことも重要でしょう。ルール作成に自信がない場合は、専門業者に相談するのも有効です。


基準にもとづき、与信枠を算出する

企業のランク付けが終わったら、次は与信枠の算出です。算出方法としては、対象企業の仕入れ債務額、企業規模、自己資本を基準とする方法や、自社の資本や利益水準を基準とする方法などがあります。


また与信限度額は、一度設定したらそれをずっと使い続けるというわけではありません。定期的な見直しが必要です。そのため、与信限度額に有効期限をつけるという管理の仕方をしている企業もあります。


まとめ

与信枠の設定は、信用リスクを適切に管理するための重要な手法となります。各取引先に対して適切な与信枠を確立することで、与信リスクを最小限に抑えながらも、積極的なビジネス展開を支援することができます。与信の審査やその限度額は一度設定しただけで終わりではなく、状況に応じた定期的な見直しが求められます。


売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」では、取引先の倒産や未入金時に取引代金を代わりにお支払いするサービスです。事前に取引先に保証をかけておくことで、与信管理をしなくても安心して取引を行うことができます。また、督促業務に時間や労力を割く必要がなくなり、営業活動に集中することが可能です。


また、URIHOはすべての手続きがWeb上で完結し、スピーディに利用開始することが可能です。売掛金の回収にご不安がある場合は一度導入をご検討ください。

マンガでわかる売掛保証

関連記事

注目の記事

取引先から入金が無い?!債権回収の方法や費用について解説。 債権回収業者(サービサー)とは…
工事代金未払いは契約書なしでも回収できる?知っておくべきこと9選 工事代金未払いは契約書なしでも…
【初心者必見】債権回収における内容証明の効果(テンプレート付き) 【初心者必見】債権回収における…
売掛金への担保設定で「貸倒れ」リスクを管理しよう 売掛金への担保設定で「貸倒れ」…