URIHO BLOG.

債権回収

口座振替とは メリット・デメリットや売掛金回収ができるかを解説

口座振替

口座振替とは、口座から自動で代金の引き落としがされることです。一般的には「自動振替」「自動引き落とし」ともいわれるため、個人的に利用している方も多いでしょう。企業間取引においても、お互いの業務効率化や漏れ防止を目的に、広く採用されています。
本記事では口座振替の概要や導入するメリットやデメリット、売掛金回収手段として口座振替が利用できるのかどうかなどについて解説いたします。

セミナー情報

口座振替とは?

口座振替とは、金融機関の口座から定期的に代金を自動で引き落とす支払い方法です。企業間取引においては、顧客の口座から直接、請求金額を自動で決済する手段として活用されます。
初回の振替手続きが完了すると、以後は継続的に自動で取引が実施されるため、請求を出す企業は回収業務を効率化でき、支払い側の企業は期限内に確実に支払いを行える利点があります。


一般的に口座振替の設定には、書面またはオンラインでの申し立てによる手続きが必要となります。

口座振替と銀行振込の違い

銀行振込(口座振込)とは、支払い元の口座から受取人の口座へ直接資金を送金する行為です。日常生活で頻繁に使用され、店頭の窓口やATMを通じて行われます。
対照的に、口座振替は、公共料金や保険料などの定期的な支払いを口座から自動的に引き落とす仕組みです。銀行振込には都度、ATM操作や窓口での手続きが必要ですが、口座振替は一度の申し立てで継続的な支払いが可能となります。
したがって、一回限りの支払いには銀行振込を、繰り返しの支払いには口座振替を選ぶと良いでしょう。

セミナー情報

口座振替を導入するメリット

  • 顧客の定着率向上
    口座振替は、顧客が毎回の支払い手続きや手数料の負担を感じることなく、サービスを継続できるため、顧客の定着率向上が期待できます。これにより、競合他社のサービスに鞍替えする可能性を低減します。
  • 売上の増加
    口座振替により既存顧客の維持が可能となるほか、セキュリティ上の心配やクレジットカードを保有していない人々を含む新しい顧客層にアプローチできるため、売上の増加に寄与します。
  • 請求業務の効率化
    口座振替を導入することで、振込みに関わる手続き、書類の作成、支払い状況の監視にかかるコストや労力を削減できます。これにより、未回収リスクを最小限に抑えつつ、企業の運用コストを減少させることができます。ただし、口座残高不足の場合には、催促処理が必要になる点は留意が必要です。

関連記事
請求書払いとは 支払方法の種類メリット・デメリットを解説 | URIHO BLOG

企業間取引の基本 掛売りとはなにかを解説 | URIHO BLOG


口座振替を導入するデメリット

  • 導入初期の手間
    口座振替システムを始動させる際には、顧客と金融機関の間で複雑な手続きが発生する可能性があります。顧客は口座振替依頼書を提出し、銀行では届け出た印鑑の確認や口座情報の検証が行われます。これらのプロセスで書類の不備や郵送時に配送遅延が起きてしまうと運用開始までの準備期間が長引く可能性があります。
  • 入金のタイムラグ
    顧客の支払いと企業の口座への入金が即時に行われない場合があります。このタイムラグは、金融機関が同一か否かによって変わるため、金銭の流れをリアルタイムで追うことが難しいことがある点に留意する必要があります。

法人間取引で口座振替による売掛金回収は可能か

法人間取引における売掛金の回収手段として、口座振替は特に定期的な取引があるビジネスモデルに適しています。例えば、リカーリング(繰り返し発生する)ビジネスやサブスクリプションサービスでは、1ヵ月ごとなどの周期で決済が行われるため、口座振替は自動化された効率的な手段となります。
この方法を利用することにより、売掛金の回収プロセスを簡素化し、キャッシュフローの改善に寄与します。


また、回収業務の効率化を一層進めるため、専門の代行サービスを活用する選択肢もあります。これらのサービスは、APIの統合やERPシステムとの連携により、さらなる経営資源の効率化を図ることが可能です。

売掛金回収のその他の手段

売掛金の回収には、他にも銀行振込、現金決済、クレジットカード決済、商票(手形や小切手)などの方法があります。それぞれに特性と利便性があり、状況に応じて適切な方法を選ぶことが重要です。たとえば、オンライン取引ではクレジットカード決済が便利であり、手形や小切手は決済リスクを管理するために利用されることがあります。


まとめると、売掛金の回収手段は多岐にわたりますが、口座振替は定期的な決済が特徴のビジネスにおいて、業務の自動化やキャッシュフローの効率化に大きなメリットをもたらす方法といえるでしょう。

関連記事

売掛金が回収不能に!?回収不能になる理由と対応方法について | URIHO BLOG

集金代行とはなにか 集金に関連するサービスもあわせて紹介 | URIHO BLOG

でんさいとは?手形との違いやメリット・デメリットの解説 | URIHO BLOG

売掛保証とはなにか ファクタリングとの違いと実際の利用事例をご紹介 | URIHO BLOG

まとめ

口座振替は、金融機関の口座から自動的に定期的な代金を引き落とす支払い方法で、企業間取引における定期的な請求金額の自動決済手段として優れた効率性を提供します。この方法は顧客の定着率向上、売上の増加、請求業務の効率化を図ることができる一方で、導入初期の手間や入金のタイムラグといったデメリットも考慮する必要があります。売掛金の回収方法として特にリカーリングビジネスやサブスクリプションサービスに適しており、キャッシュフローの改善に大きく寄与しますが、他の決済方法とのバランスを考慮することも重要です。


売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」は、取引先の倒産や未入金時に取引代金を代わりにお支払いするサービスです。事前に取引先に保証をかけておくことで、与信管理をしなくても安心して取引を行うことができます。また、督促業務に時間や労力を割く必要がなくなり、営業活動に集中することが可能です。


また、URIHOはすべての手続きがWeb上で完結し、スピーディに利用開始することが可能です。売掛金の回収にご不安がある場合は一度導入をご検討ください。

セミナー情報

関連記事

注目の記事

債権回収業者(サービサー)とは…
工事代金未払いは契約書なしでも…
【初心者必見】債権回収における…
売掛金への担保設定で「貸倒れ」…