URIHO BLOG.

債権回収

2社間ファクタリングとは3社間ファクタリングとの違いを解説

企業が資金調達する方法はいくつかありますが、その中でも迅速に資金を得ることができる手段として2社間ファクタリングがあります。この記事では、2社間ファクタリングについて、その概要、3社間ファクタリングとの違い、選ぶ際のメリットやデメリットについて解説します。


2社間ファクタリングの利用を考える際には、メリットだけでなくデメリットもしっかりと知ったうえで選択しましょう。

マンガでわかる売掛保証

そもそもファクタリングとは?

ファクタリングとは売掛債権を売却して資金を得る行為をいいます。


ファクタリングを活用することで資金調達が必要な企業が、未回収の売掛債権をファクタリング業者に譲渡し、早期に資金を得ることができます。日本では企業間の取引は掛け売りが主流であるため、売買の成立と代金の受け渡しには時間差が生じるでしょう。ファクタリングはそのような未収金を商品と見立て、先取りで資金化する方法です。


ファクタリングは資金調達手段の一つであり、融資と並びその代表格とされます。しかし、融資と比較して負担が軽く、容易に資金調達が可能な場合が多いのがファクタリングの特徴です。

関連記事

ファクタリングとはなにか ファクタリングの種類と保証ファクタリングの解説 | URIHO BLOG

保証ファクタリングとはなにか 買取型のファクタリングとの違いもあわせて解説 | URIHO BLOG

売掛保証とはなにか ファクタリングとの違いと実際の利用事例をご紹介 | URIHO BLOG

2社間ファクタリングとは?

2社間ファクタリングとは、ファクタリング利用者である企業とファクタリング会社の2社間で取引が行われる仕組みです。具体的な流れは以下の通りです。

企業がサービスや商品の提供

企業が売掛先に対してサービスや商品を提供すると、売掛金が発生します。

ファクタリングサービスの申し立て

企業は直接ファクタリング会社にサービスを申し立て、契約を結びます。売掛先への通知や承諾は必要ありません。

売掛債務の買い取り

ファクタリング会社は企業の審査を行い、問題がなければ売掛債務を買い取り、企業に売却代金を支払います。

売掛金の支払い

売掛先は通常通り企業に売掛金を支払います。その後、ファクタリングを利用した企業がこの売掛金をファクタリング会社に渡します。


この2社間ファクタリングでは、売掛先に対してファクタリングの利用について通知する必要がなく、企業とファクタリング会社だけで契約が完了します。そのため、手続きが簡単でスピーディですが、その分、ファクタリングの手数料が高く設定される場合もあります。

関連記事

債権譲渡登記とは 必要な場面の解説 | URIHO BLOG

債権譲渡の解説 一般的な流れと債権譲渡時の注意点とは | URIHO BLOG

マンガでわかる売掛保証

3社間ファクタリングとの違い

3社間ファクタリングと2社間ファクタリングの主な違いは売掛先の関与です。


3社間ファクタリングでは、ファクタリング利用者である企業、ファクタリング会社、そして売掛先が全て関与しています。特に、企業は売掛先にファクタリングの利用について承諾を得る必要があり、売掛債務の債務譲渡も売掛先に通知します。最終的に売掛先がファクタリング会社に売掛金を支払います。


一方で、2社間ファクタリングは企業とファクタリング会社だけが関与するシンプルな構造です。売掛先に対してファクタリングの利用についての承諾や債務譲渡の通知は基本的に行われません。そのため売掛先は通常、ファクタリングを利用している企業に直接売掛金を支払います。


このように、売掛先の関与とその手続きが3社間と2社間で大きく異なります。2社間ファクタリングはより手続きがシンプルであり、売掛先の承諾や通知が不要な点が主な違いといえるでしょう。


関連記事

3社間ファクタリングとは 2社間ファクタリングとの違いを解説

2社間ファクタリングのメリット

迅速な取引が可能

2社間ファクタリングは売掛先が関与しないため、ファクタリング会社との合意が取れればすぐに取引が進むので、業務効率と経営の安定化につながります。

秘匿性が高い

2社間ファクタリングでは売掛先が関与しないため、ファクタリングを利用している事実を伝える必要はありません。


このように、3社間ファクタリングと2社間ファクタリングはそれぞれにメリットがあり、用途や必要性に応じて選べる選択肢が広がっています。

2社間ファクタリングのデメリット

2社間ファクタリングはメリットを見ると、取引先に伝える必要がなく、すぐに現金化できて使いやすいように思えますが、もちろんデメリットもあります。

手数料が高い

2社間ファクタリングは、取引先が関与しないため、3社間ファクタリングよりもリスクが高いとみなされます。この結果、手数料が3社間ファクタリングに比べて高く設定されている場合が多いでしょう。例えば、3社間ファクタリングの手数料が2%~9%であるのに対し、2社間ファクタリングの手数料は8%~18%と大きく異なることがあります。


参考

ファクタリングの手数料ってどれくらい?種類別の相場と抑える方法をご紹介 | コラム | 一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構


売掛金の回収手続きが煩雑

2社間ファクタリングでは、依頼企業が自ら売掛先から売掛金を回収する必要があります。また、売掛金が振り込まれた後にその金額をファクタリング会社に支払う手続きが必要になり、管理が煩雑となる原因でしょう。

悪徳企業のリスク

2社間ファクタリングの市場には、多様な企業が参入しているため、悪徳企業の存在も否めません。これにより、高額な手数料が請求、不正な取引が行われる可能性も考えられます。特に、3社間ファクタリングよりも取引先の関与が少ないため、悪徳企業によるリスクは高まる可能性があるでしょう。

関連記事

債権回収を弁護士に依頼するメリットとは債権回収会社との違いもあわせて紹介 | URIHO BLOG

まとめ

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの大きな違いは『取引先の関与』です。2社間ファクタリングでは取引先が関与しないため、やりとりが迅速に行われ、手続きも簡素化されます。その分、お互いの信用も高くないため、手数料が高かったり、ファクタリングサービスを提供する会社が悪徳だったり、というデメリットも持ち合わせています。


売掛金保証サービス「URIHO(ウリホ)」は、取引先の倒産や未入金時に取引代金を代わりにお支払いするサービスです。事前に取引先に保証をかけておくことで、与信管理をしなくても安心して取引を行うことができます。また、督促業務に時間や労力を割く必要がなくなり、営業活動に集中することが可能です。


また、URIHOはすべての手続きがWeb上で完結し、スピーディに利用開始することが可能です。売掛金の回収にご不安がある場合は一度導入をご検討ください。

マンガでわかる売掛保証

関連記事

注目の記事

工事代金未払いは契約書なしでも…
【初心者必見】債権回収における…
売掛金への担保設定で「貸倒れ」…
債権回収業者(サービサー)とは…